HOME>オススメ情報>人気の医療事務の仕事内容とその特徴について

人気になっている仕事

給与は他の仕事と比べるとそう高くはないのですが、医療事務は女性が働くのに適した仕事です。出産や育児でブランクがあると、再就職の際に不利となることがあります。その点、医療事務は仕事の需要も多いため、仕事がみつかりやすいのです。

医療事務の特徴とは

病院

最も重要な仕事の一つ、レセプト作成業務

レセプトとは診療報酬明細書のことを指します。病院やクリニックを受診するときは健康保険証を持参し、かかった診療代の一部を患者さんが負担します。そして残りの負担分を健康保険組合に請求することになります。レセプトを作成するためには、カルテを読み取る知識が必要とされます。

接客業的要素が求められる受付業務

医療事務は病院やクリニックの受付業務も兼ねています。まず、患者さんが医療機関で最初に接するのが医療事務です。受付時に保険証と診察券を確認して、次回診療日の予約があるときは予約の受付や確認まで行います。また、医療機関にかかってきた電話に対応するのも、医療事務の仕事の一つになります。

一般事務よりも業務の幅が広いこと

医療事務と聞くとパソコンに向かって診療報酬明細などを作っているイメージがありますが、受付業務も任されるなどその仕事は多岐にわたります。勤め先によっては仕事の幅もかなり広くなることがあるようです。仕事の幅を広げることで経験を積み、ステップアップにつなげることもできるでしょう。

人気の医療事務の仕事内容とその特徴について

受付

医療事務で役立つ知識

医療事務の最も重要な仕事の一つであるレセプト業務では、患者さんのカルテを読み取る知識が求められます。カルテには専門用語が書かれており、それを正確に読み取ることができなければ、正しく診療報酬を請求することができなくなるからです。また、医療保険制度のルールや仕組みについて理解しておくことも、正しくレセプト業務をこなすのに欠かせない知識です。